自然からのおたより

植物

ハランの花

クサスギカズラ科(キジカクシ科の説もあり)常緑多年草のハランは古名は馬欄(バラン)。幅広の大きな葉っぱは、お寿司をのせたりして利用されます。1月ころから茎の根元に白い蕾みから紫色の花を開花させ、主にキノコバエが花粉を運び結実します。実は...
動物

鳥の世界はもう春です。

今年は寒暖の差が激しい日々が続いていますが、鳥の世界はもう春が始まっています。伊東の町の中心を流れる伊東大川(俗称松川)ではカワガラス(カラスと名前がつきますが、カラスの仲間ではありません。)が営巣を始めています。3月になると巣立ち雛の姿が...
植物

晩秋

役目を終えて、もうすぐ土に帰ってゆく、虫食い穴のキブシの葉っぱ。 晩秋の風に寒そうです。
植物

城ヶ崎海岸 イソギク

花が少なくなって来る季節に、城ヶ崎海岸では黄色い花が目立つようになってきました。地面近くに低く可憐に咲くイソギクは、海岸に自生するキク科の植物です。葉は肉厚で白くフチどりされています。葉の裏は白い毛が密集し、乾燥や強い日光、塩風など海岸の厳...
植物

キツリフネ

キツリフネは黄釣舟で、ツリフネソウ科 ツリフネソウ属の植物です。ツリフネソウとの違いは ツリフネソウ:距がくるっと巻く、花序は葉腋から斜上、花は紅紫色 キツリフネ:垂れ下がる、花序は葉腋から垂れ下がる、花が黄色なのが特徴です。他にハガクレツ...
植物

ツノハシバミの実

ツノハシバミの実は堅果で食べられる ツノがにゅうっと出ていて,一度見たら忘れられない形
植物

ヘクソカズラ

この愛らしい花につけられた気の毒な名前は、葉をもんだりするとひどい悪臭を発する所から来ています。この季節に道ばたによく見られるつる性植物です。   秋に黄土色の実をつけて、クリスマスリースなどに飾られて汚名回復です。
植物

白蝶の舞うイワガラミ

イワガラミはジギルとハイドなんですよ。普段は静かに目立たないように生きていますが花期になるとその性質を一変させまるで白蝶が乱舞するかの如く自己主張をするんです。写真をご覧になって白蝶の景観をご覧あれ。
植物

アマギツツジ

天城山で伊豆半島の固有種、アマギツツジが咲きました。緑の葉っぱと、赤い花のコントラストがとてもきれいです。どのツツジよりも遅く咲くのが特徴です。
植物

天城シャクナゲとトウゴクミツバツツジ

天城山は天城シャクナゲとトウゴクミツバツツジが同時開花してました。